プロジェクトストーリー

PROJECT STORY

安心・安全な水を造る。
社員全員が使命感を強く持ち、日々水の問題と向き合っています。
理水化学の提案とは。理水化学のソリューションとは。
2つのプロジェクトを紹介します。

思い出の地で
後世まで残る仕事を

名古屋支店 営業職 田中健太 (2012年入社)

ろ過が追いつかず、濁った水が浄水側に流れ込む。そのような緊急事態に陥った三重県熊野市の遊木浄水場。まさに一刻を争う事態。この問題に真正面からぶつかっていったのは、営業6年目の田中でした。

一般的に洪水対策や治水のために河川に手が加えられることは多いのですが、そのために環境が変化してしまい、浄水施設に影響が出ることがあります。遊木浄水場がまさにそうでした。河川工事の結果、浄水施設の水源に想定を超えた濁度上昇が見られ、お客様が使われていた既存のろ過設備では処理能力が追いつかなくなってしまったのです。やがて浄水側へ濁ったままの水が流れ込む事態に。一般のご家庭にも健康被害が出ることが懸念され、緊急の対応が必要になり、ご連絡をいただいたことが、はじまりでした。

当社が選ばれたのは、熊野市の他エリアでも多数の実績があったからだと思います。当時使用されていたろ過施設は他社製のもの。しかし施工が古く、以前の施工会社との関係性も断たれていたため、私たちが対処するしかありませんでした。私が居る名古屋支店から現地までは片道160キロの道のり。状況を視察してから対策を立てるべきでしたが、それではきっと間に合わない。そこで移動中に緊急可搬装置のラインナップの中から早急に膜ろ過装置を調達できるよう手配し、自らも作業車に乗り込んで現場へ向かいました。
営業である自分にどこまでできるのか不安はありましたが、新人の時に経験した現場代理人の記憶と、これまで培ってきた知識を総動員して工事を指揮しました。本社や支店内の方々の協力もあり、なんとか設備を仮設することができ、その結果、元のきれいな水に戻すことができ、被害を最小限に食い止めることができたのです。

その後、遊木浄水場では弊社のろ過設備を導入することも決定。営業としても大きな貢献ができたので良かったです。
実は熊野市は私の思い出の場所。入社して間もない頃の研修として同市内にある他の浄水場で短期間、現場代理人をさせてもらったのです。当時右も左もわからなかった私に、市の職員の方々や住民の皆さんが優しく接してくださいました。この思い入れのある場所に今後30年、40年も残る設備を納入できたことを誇りに思いますし、少しでも皆さんに恩返しができたのかなと思います。これからも後世に残る、そんな仕事を一つでも多く残していきたいですね。

入社2年目の新人が任されたのは
国内最大規模のプロジェクト

南九州支店 施工管理職 寺床敏宏(2014年入社)

鹿児島県喜界島。地下水を水源に上水道が確保されているこの場所は、島がサンゴで形成されているため、カルシウムを多量に含んだ硬水となり給湯設備に様々な悪影響が出ます。そこで自治体は大規模な浄水施設を建設することに。その大規模プロジェクトに抜擢されたのは、入社2年目の寺床でした。

弊社が納入を予定していた設備は、『極性転換方式電気透析装置』というもので、国内での導入もわずか数例しかありませんでした。施工を経験した人もほとんどいません。しかも機械の製作から施工まで約1年の大規模なプロジェクト。そんなプロジェクトを入社2年目の自分が担当してもいいのか正直不安でした。とにかく慎重に。丁寧に。目の前の仕事を一つひとつ順番にこなしていきました。

自分でも思っていた以上にスムーズに工程が進んでいき、「自分にもできるんだ!」と、うぬぼれそうになりました。でも実は自分の見えないところで先輩たちがいろいろと協力してくれていたのです。先輩たちは常に工事の進捗を見守り、自分に任せても大丈夫そうなところ、自分では困るであろうところを予測して、事前に手配を行ったり、段取りを組んでくれたりしていました。それに気づいた時、理水化学のチームワークをとても強く感じました。
工事は無事終了し設備も稼動し始めましたが、今でも年に一度は設備の解体洗浄と機器点検·調整のために喜界島に足を運んでいます。実は工事が終了した時、「もう来られないのか…」と少し寂しい気持ちになったんですよね。施工時から、地域の方々がお会いするたびに声を掛けてくれたり、もてなしてくださっていたこともあり、この場所を第二の故郷のように感じていました。しかしその後のメンテナンスを自分に任せていただけることになり、今は年に一度の「里帰り」をとても楽しみにしています。

今後は現場代理人の仕事だけにとどまらず、土木、建築、機械、電気、化学…様々な知識と経験を活かして水処理のトータルソリューションを提案していきたいです。そしてお客様はもちろん、地域に寄り添い「理水化学だからこそできる仕事」をしていきたいと考えています。

CONTACT

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ